注文住宅の土地探し・ハザードマップをチェックしよう!/Web住宅展示場

お問い合わせはこちら 展示場を動画で見る

注文住宅の土地探し・ハザードマップをチェックしよう!/Web住宅展示場

注文住宅の土地探し・ハザードマップをチェックしよう!/Web住宅展示場

2021/05/11

Web住宅展示場ブログをご覧くださりありがとうございます!

このブログでは注文住宅をはじめとするマイホーム購入のお役立ち情報を日々発信しております。

ぜひあなたの家づくりにお役立てください。

 

また、Web住宅展示場は大阪を拠点に日本全国にある住宅展示場の写真や動画をWEB上で見られるサービスを展開中です。

今後もどんどん更新していきますのでご期待ください!

そして、注文住宅・家づくりのお悩みやお困りごとがあればWeb住宅展示場のご相談サービスも併せてご利用ください!

ご相談・住宅会社のご紹介などすべてのサポートが無料です(Web住宅展示場は各住宅会社のサポートで運営されています)

 

皆様からのお問い合わせお待ちしております!

>>お問い合わせフォーム

 

さて本日の本題は、注文住宅の土地探し

「ハザードマップ」について。

安心安全な住まいのために土地探しからこだわりましょう◎

ハザードマップとは?

ハザードマップとは?

自治体が公表している災害マップ。

地震や洪水など災害ごと作られ、想定される被害がマップの中に書き込まれています。

また、被害の予測だけでなく避難場所や避難経路など防災関連施設の情報も盛り込まれています。

 

ハザードマップは以前からあるものですが、最近の異常気象で重要視されるようになってきました。

また、まだまだ記憶に新しい方も多い2018年の西日本豪雨。甚大な被害を受けた岡山県真備町では、被害が出たエリアがハザードマップとほとんど同じだったにも関わらず30人近くの方が亡くなられました。

ハザードマップを作るだけでは意味がない。もっと地域の住民にハザードマップの内容を知ってもらわなければならない。とニュースになり、より重要視されるようになりました。

 

皆様もぜひ、お住まいの地域や、土地購入を検討しているエリアのハザードマップを確認してみてくださいね。

ハザードマップの確認方法

ハザードマップはネット上で簡単に確認することができます◎

各市町村のホームページにも掲載されていることがほとんどですし、こちらの国土交通省のホームページでは全国のハザードマップを確認することができます。

>>国土交通省ハザードマップポータル

 

ハザードマップを確認したら、被害予測を確認するだけでなく、安全な避難経路等も調べておくとより安心です。

自宅だけでなく、勤務先や学校、保育所や幼稚園などお子さんが長い時間過ごす場所の確認も同時に行いましょう。

 

せっかく良い土地で話が進みそうになったのに、ハザードマップが真っ赤だった💦となると話が振り出しに戻ってしまいます。

早い段階で確認しておくことが大切ですね。

おわりに

ハザードマップについてお分かりいただけましたか?

ハザードマップを活用してぜひ、安心安全な住まいを叶えてくださいね。

 

土地の条件には立地、形状、広さ、ハザードマップと多数項目があります。

全てが100点という土地に出会うことはなかなか難しいかもしれません。

家族の中でよく話し合い、優先順位をつけることが大切です。また土地が60点だとしても建物と合わせて100点を目指す!という考えた方も大切です◎

 

Web住宅展示場では土地探しのお手伝いや、土地探しが得意な住宅会社のご紹介を行っております。

エリアごとの相場なども知っておりますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

ご相談は店舗の他、オンラインでも可能です。

なかなか外出しにくいこのご時世、ぜひオンライン相談をご活用ください!

お待ちしております♩

>>お問い合わせフォーム

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。