セカンドリビングでゆとりある暮らし/Web住宅展示場

お問い合わせはこちら 展示場を動画で見る

セカンドリビングでゆとりある暮らし/Web住宅展示場

セカンドリビングでゆとりある暮らし/Web住宅展示場

2021/04/08

Web住宅展示場 ブログをご覧くださりありがとうございます!!

このブログでは注文住宅、家づくりをお考えの皆様へ住宅会社選びや家づくりに役立つ情報を発信しています。

本日は「セカンドリビング」についてご紹介したいと思います!

いろんな選択肢を知って後悔のない家づくりを叶えてくださいね◎

セカンドリビングとは?

2つ目のリビング

そもそもセカンドリビングとは?

その名の通り「2つ目のリビング」ということ。

キッチンやダイニングの隣にあるなどする主となるリビングの他に、もう一つ別の場所に設けられたリビングのことを言います。

LDKや居室とはまた違う、+@の空間であるセカンドリビング。

これがあることでゆとりが生まれ暮らしがもっと楽しく・快適になるような気がします◎

セカンドリビングを設ける場所は様々。いろいろな形をご紹介していきます!

 

階段の踊り場にセカンドリビング

こちらの写真はアイデザインホームさんのアスタ展示場のもの。

階段の踊り場を大きくとって、スキップフロアのような形になっていて、

そこにテーブルを設置。リビングとは少し離れた空間で作業に集中できそうです。

でも、扉や壁で区切られているわけではないのでお互いの気配が感じられるのが嬉しいポイントですね◎!

 

また、踊り場に置くタイプの畳を敷いて、ごろんとできるスペースを作るのもおすすめです!

リビングのソファが満員の時は、ちょっと離れて、でも同じ空間でくつろげるのが嬉しいですね。

お子さんが小さければ、リビングにおもちゃを広げられると「片付けたいのに~っ」となるので、セカンドリビングで遊んでもらうのもいいかもしれません。

範囲が決められているので、盛大に散らかることは防げるかも。

外の空間をセカンドリビングに

こちらの写真は桧家住宅の「屋外空間を楽しむ」アイデアから。

屋上テラスや、外からは見えないように塀を高く作った「パティオ」など、屋外にセカンドリビングを作るのも楽しいですね。

屋外ならではの開放感があり、くつろげること間違いなしです。

お友達を呼んで、テラスで食事をするのもいいですね。

ただ、屋外のセカンドリビングは夏や冬など外にいるのが厳しい季節は使えないのが残念なところですね。使っていなくても雨風で掃除は必要ですし…

どのくらいの頻度でその空間を使うのか、お手入れの大変さと天秤にかけて決めたいですね。

どんなセカンドリビングにする?

セカンドリビングの例を2つご紹介しました。このほか、廊下を幅広くとり、そこをセカンドリビングするという方法もよく見られます。

廊下は通路ですが、幅を広くすることで居住空間に変わるのです。

子ども部屋は小さくても、このようなセカンドリビングがあればお友達が来たときはこのセカンドリビングで過ごすのもよさそうです。

テレビを置けばゲームもできますね!主のリビングを占領されても困るし、部屋にこもられても心配、、その両方を解決する手段になりそうですね!

 

いろいろなセカンドリビングをご紹介しましたが、重要なのはそのセカンドリビングでどんな風に過ごしたいのか、ということです。

そこでの過ごし方をよく想像して、最適なセカンドリビングを手にいれてくださいね!

建築家さんや提案力のある住宅会社なら、理想の暮らし方を伝えれば、それを叶える間取りを提案してくれるはずです◎こちらが間取りを伝える必要はないのです。

 

 

Web住宅展示場は皆様の家づくりを応援しています!

Web住宅展示場サイトでは、全国にある住宅会社の展示場をweb上で動画や写真で見学できるサービスを展開中です。これからもぞくぞく更新していきますので、ご期待ください。

また、気になる住宅会社が見つかれば、Webでのご相談サービスをご活用ください。

家計に負担のない家づくりの予算や住宅会社の選び方、土地の探し方などを中立な立場でお話しさせていただきます。

Web住宅展示場は各住宅会社のサポートにより運営されています。そのため、ご相談者様から料金をいただくことはございません。

安心して、お気軽にご相談ください◎

お待ちしております!

>>お問い合わせフォームはこちら

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。