注文住宅「二世帯住宅」の基礎知識/Web住宅展示場

お問い合わせはこちら 展示場を動画で見る

注文住宅「二世帯住宅」の基礎知識/Web住宅展示場

注文住宅「二世帯住宅」の基礎知識/Web住宅展示場

2021/08/25

Web住宅展示場ブログをご覧くださりありがとうございます!

Web住宅展示場は大阪を拠点に、日本全国の住宅会社・住宅展示場を写真や動画でご紹介するサイトです。

これからも続々と新たな住宅会社・住宅展示場情報を更新していきますので、どうぞご期待くださいませ◎

また、家づくり・注文住宅・住宅会社選びのご相談も受け付けております。

相談・ご紹介などすべてのサービスが無料です。オンライン相談にも対応しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

本日は注文住宅の中でも「二世帯住宅」についてご紹介したいと思います。

二世帯住宅の基礎知識として、二世帯住宅の種類とそれぞれのメリット・デメリットについて学びましょう!

二世帯住宅の間取りづくりはここからです◎

二世帯住宅の種類

二世帯住宅と言っても、その共有スペースの有無・どこを共有するのか?で3種類に分けられています。

二世帯住宅の間取り考え始めるにあたってはまずは3つの種類を知り、どの種類が自分たち家族に合っているのか、考えることが初めの第一歩です。

ご家族それぞれのご意見があると思いますが、しっかりとメリット・デメリットを理解して後悔のない選択をしましょう!

1「完全分離型」

~二世帯住宅の種類~

二世帯住宅の種類、一つ目は「完全分離型」です。

その名の通り、完全に分離した形の二世帯住宅です。

玄関はもちろん、お風呂やキッチンなどの水回り・LDKなども各家庭それぞれに作ります。

1階は親家庭・2階は子ども家庭というように分けて、外の階段でしか行き来できないような形に作ったり、横並びで作り室内のドアで行き来するような形にすることも可能です。

 

完全分離型の特徴として、日常的に顔を合わせる必要がなく適度な距離を保ったままそれぞれが生活することができます。

でも、何かの時はすぐにお互い助け合える距離にいられるという安心感はあるのが嬉しいところです。

二世帯住宅というと、世帯間で揉めることが一番避けたいことですから、その点でも完全分離型というのは有力な選択肢になりそうです。

 

デメリットは、3種類の中で一番建築費用が掛かることです。共有する場所がないためにすべて2軒分必要になります。

ある程度の土地の広さも必要ですね。

2「部分共有型」

~二世帯住宅の種類~

2つ目の二世帯住宅の種類は「部分共有型」です。

玄関だけ、リビングだけ、など一部共有するスペースを作る形の二世帯住宅です。

この「部分共有型」は無数に間取りが考えられますね。

玄関を共有するとお互いの来客がわかるようになったり…リビングを共有すると同居家族に気を使ってだらだらテレビが見られない!ということが起こったり…お風呂や洗面の共有は入る時間やお掃除の問題が起こりそうですね…

でも、共有するスペースがある方がより身近に家族を感じられ、大家族のような家族団らんを感じられるメリットもありますね!

キッチンが一緒なら料理も交代でできて家事がラクになるかもしれません◎

「どの部分を共有にするのか」家族でよく話し合って慎重に選択しましょう。

3「完全同居型」

~二世帯住宅の種類~

二世帯住宅の種類、3つ目は「完全同居型」です。

その名の通り、居室以外の部分はすべて共有する形の二世帯住宅です。

寝るとき以外はすべて同じ空間で生活するような形になるでしょうか。

この二世帯住宅の形を選択するのは、すでに親世帯の介護が必要であったり、同居が子世帯+妻のお母さんといった場合が多いようです。

メリットは3つの種類の中で一番建築費用が抑えられ、工期も短くて済むことが挙げられます。

費用を抑えられる分、各居室でくつろげる空間をしっかりとったり、2人で並んで料理ができる広めのキッチンを選択するのも良いですね。

水回りの設備が2つ必要な完全分離型に比べると余裕をもっていろいろな範囲から選ぶことができそうです。

デメリットは、同居によるストレスが大きくなってしまわないか?という心配があるところです。

世代によって生活リズムは大きく違うものです。

お風呂やトイレ、テレビなど音が問題になりそうな場所が寝室の近くにないかなど生活リズムの違いがストレスにならないように間取りを工夫することが大切です。

おわりに

二世帯住宅の種類、3つについておわかりいただけましたでしょうか?

「二世帯住宅にしようか。」というお話が出たら、まずはこの3種類があることを親世帯に伝えてみましょう。

親世帯の希望の形が完全同居型なのに、子世帯の希望は完全分離型、のようにその時からあまり差が大きいようであれば思いのすり合わせが必要ですね。

世帯間の揉め事など不安要素も大きい二世帯住宅ですが、介護や育児等、家族で助け合えるメリットもとても大きいです。

ぜひ理想の形の二世帯住宅を叶えてくださいね。

 

Web住宅展示場はあなたの家づくりを応援しています!

◾︎家づくり何から始めればいいの?

◾︎土地探しの進め方は?

◾︎住宅会社選び、ネット検索ではわからない!

そんな家づくりに関するお悩み、なんでもご相談くださいませ。

中立な立場から、完全無料であなたのお悩みにお応えします。

皆様からのお問い合わせお待ちしております!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。