営業さんがよく言う「標準仕様」ってなに?/Web住宅展示場

お問い合わせはこちら 展示場を動画で見る

営業さんがよく言う「標準仕様」ってなに?/Web住宅展示場

営業さんがよく言う「標準仕様」ってなに?/Web住宅展示場

2021/07/16

Web住宅展示場ブログをご覧くださりありがとうございます!

このブログでは注文住宅をはじめとするマイホーム購入のお役立ち情報を日々発信しております。

ぜひあなたの家づくりにお役立てください。

 

また、Web住宅展示場は大阪を拠点に日本全国にある住宅展示場の写真や動画をWEB上で見られるサービスを展開中です。

今後もどんどん更新していきますのでご期待ください!

そして、注文住宅・家づくりのお悩みやお困りごとがあればWeb住宅展示場のご相談サービスも併せてご利用ください!

ご相談・住宅会社のご紹介などすべてのサポートが無料です(Web住宅展示場は各住宅会社のサポートで運営されています)

 

皆様からのお問い合わせお待ちしております!

>>お問い合わせフォーム

 

さて、本日は住宅展示場でよく聞く・営業さんがよく言う言葉「標準仕様」について解説したいと思います!

家づくりの基礎知識を知って後悔のない家づくりを叶えましょう!

標準仕様とは?

「標準仕様」とは、各住宅会社ごと・各住宅会社の商品ごとに決められている、基本となる「仕様」のことを言います。

「仕様」とは家を構成する様々なもののこと。構造や断熱、外壁、内装、窓、ドア、床、屋根など全てを指します。

 

ですので、展示場を見学していて「このモデルハウスはすべて標準仕様です!」と言っている場合、商品の基本がわかりやすいモデルハウスになっている。ということですね。モデルハウスと同じような家を建てても最初に提示されている商品の坪単価から追加料金がかからないということです。

ですが、実際にそのようなすべて標準仕様のモデルハウスは少数。

「素敵なキッチン!!」と思うと、「キッチン自体は標準ですが、その天板は天然石でオプションになります…」とか、「アクセントクロス素敵!」と思うと「それはオプションです…」となることが多くあります。

モデルハウスを見るときはどこまでが標準仕様の範囲内でどこからがオプションなのか、しっかりと確認しておくことが大切ですね!

標準仕様の反対はオプション

標準仕様=基本となる仕様。ということは、標準仕様の反対は「オプション」です。

決められた範囲外のものを使うので、追加で費用が発生する場合が多いです。

住宅会社との契約後や建築条件付き土地などを購入し住宅会社が既に決まっている場合、使いたいと思っていた設備があっても、そのオプション費用が高額であった場合に採用を諦めなくてはならないことも。

使いたいものが決まっている場合は、契約前にオプション費用を必ず確認しておきましょう。

オプションで発生する費用は意外と各社差があることも。例えばスケルトン階段を採用したい!と思っている場合、ほとんどの住宅会社でオプションとなりますが、その費用は数十万円単位で差があります。

普段からよくスケルトン階段を使っている住宅会社では安いけど、あまり採用例のない住宅会社では高くなる傾向があります。

住宅会社の実例を見て、得意不得意を事前に把握しておけると良いですね。

また、お金を支払えば全てのものがオプション対応になるか?と言うとそうではありません。

いくら払ったとしても、採用できません。という決まりがある場合もあります。

こんなこともあるので、契約前の標準仕様の確認、オプション対応できるかどうかの確認はやはり重要ですね。

おわりに

本日は住宅展示場でよく聞く言葉「標準仕様」について解説しました。

展示場を見学する時には、気に入った設備やデザインを見つけたら、ぜひ標準仕様なのかオプションなのか確認してみて下さいね!

Web住宅展示場はあなたの家づくりを応援しています!

◾︎家づくり何から始めればいいの?

◾︎土地探しの進め方は?

◾︎住宅会社選び、ネット検索ではわからない!

そんな家づくりに関するお悩み、なんでもご相談くださいませ。

中立な立場から、完全無料であなたのお悩みにお応えします。

皆様からのお問い合わせお待ちしております!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。